アメブロで情報商材アフィリエイトは禁止されている(2018年12月13日の規約変更後も…)

アメブロで情報商材アフィリエイトは禁止されている(2018年12月13日の規約変更後も…)

アメブロで情報商材アフィリエイトは禁止されている(2018年12月13日の規約変更後も…)
アメブロで情報商材アフィリエイトは禁止されている(2018年12月13日の規約変更後も…)

管理人も過去に何回もアメブロのアカウントを開設し、アメブロ内で情報商材のアフィリエイトを行いましたが、その都度アカウント削除を受けてきました。

アメブロの利用規約でも運営元のサイバーエージェント社が認めたASP以外の利用は禁止していたので、致し方無いと言えばそれまでですが。

アメブロで情報商材アフィリエイトが禁止されている件について触れていく前に、執筆時点(2018年12月28日)でアメブロの規約変更があったので、先にそちらをご紹介します。

2018年12月13日付けでアメブロの利用規約が変更された

2018年12月13日付けでアメブロの利用規約が変更された
2018年12月13日付けでアメブロの利用規約が変更された

アメーバブログ上での商品の販売や宣伝がOK(解禁)とされた旨の利用規約の適用は「2018年12月25日」から開始

本件について、アメブロ内で公開されているスタッフブログより引用します。

いつもAmebaをご利用いただきありがとうございます。

アメーバブログカスタマーサポートの島野です。

2018年12月13日にお知らせいたしましたAmeba利用規約の改訂に伴い、本日より、アメーバブログ上での商品の販売や宣伝等を行うことができます。

例えば、ブログを使って以下の様なことができます。

●商品やサービスの販売、宣伝

  • 商品の画像等を掲載し、販売や宣伝をすることができます
  • ECサイト、フリマサイト等のリンクを掲載し、商品を宣伝するができます
  • 開催しているセミナー等の宣伝をすることができます

●アフィリエイトサービスのご利用

  • 自身の体験を元に感想や考察を交えながら商品を紹介することができます

また、アフィリエイトに関しては、Ameba公式アフィリエイトのRakutenアフィリエイト、ユニクロ、Amazonだけでなく、すべてのアフィリエイトサービスをご利用いただけます。

【Ameba提携アフィリエイトサービス】
  • A8.net
  • バリューコマース

その他推奨アフィリエイトサービスプロバイダはこちら

なお、ご利用の際には、別途「ご利用例」や「禁止している投稿内容・行為の一例」をまとめた【アメーバブログ商用利用ガイドライン】の内容をご確認の上、ご利用いただますようお願いいたします。

引用元:https://ameblo.jp/staff/entry-12427450584.html

上記の「その他推奨アフィリエイトサービスプロバイダはこちら」を確認してみると、下記のASPがずらっと掲載されています。

ご利用いただけるアフィリエイトサービス
更新日時 2018年12月25日

アメーバブログでは以下アフィリエイトサービスをご利用いただけます。

●提携アフィリエイトサービス

  • A8.net
  • VALUE COMMERCE(バリューコマース)

●推奨アフィリエイトサービス

  • ADVack (アドバック)
  • AFRo (アフロ)
  • Amazonアソシエイト
  • BannerBridge (バナーブリッジ)
  • ChallengingJapan(チャレンジング・ジャパン)
  • JANet(ジャネット)
  • Linkage(リンケージ)
  • LINKSHARE(リンクシェア)
  • monetrack (マネートラック)
  • Rakutenアフィリエイト(楽天アフィリエイト)
  • Smart-C(スマートシー)
  • TGアフィリエイト
  • Zucks Affiliate

引用元:https://helps.ameba.jp/faq/post_1305.html#recomend

ご覧の通り、情報商材を取り扱っているASPはありません。

一般的な商品やサービスを展開している広告ラインナップなので、クリーンなイメージを保ちたいアメブロサイドからしたら必然かもしれません。

規約改定後(2018年12月13日付け)もアメブロで情報商材アフィリエイトは禁止なのか?

規約改定後(2018年12月13日付け)もアメブロで情報商材アフィリエイトは禁止なのか?
規約改定後(2018年12月13日付け)もアメブロで情報商材アフィリエイトは禁止なのか?

インフォトップなどの情報商材ASPが発行するアフィリリンクはチェック(監視)されている可能性が有り

情報商材アフィリエイトが規約改定後のアメブロで可能なのか?が気になったので、テスト的に一般ユーザー向けの悩み系情報商材のアフィリリンクを忍ばした記事を投稿してみましたが、数時間で運営側から記事掲載停止になりました。

この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

引用元:https://ameblo.jp/

本当に数時間でこの表記が出てきたので瞬殺でした。

このように記事掲載停止になるかどうかは実践される方によりけりだとは思いますが、結局のところはアメブロサイドの判断に委ねる形となるため時間の問題だと思います。

アメブロ側(サイバーエージェント社)は自社イメージが下がる広告は極力排除したい、と考えられる可能性が高い

2018年12月13日付けの規約変更に始まったことでは無いかもしれませんが、アメブロ側(サイバーエージェント社)は自社イメージが下がる広告(情報商材など)は極力排除したい傾向でいる可能性が非常に高いです。

情報商材に馴染みの無い一般エンドユーザーの目線で見た時に「情報商材=健全なイメージを損なう商品」と認識されている、またはそのように誤解を受ける、といった理由からでは無いでしょうか。

アメブロ側(サイバーエージェント社)の思惑も理解はできますが、アメブロというひとつのフィールド上では情報商材を用いた戦法は避けた方が両者にとって良いのでしょう。

アメブロでは情報商材アフィリエイトは禁止されていると思った方が良い

アメブロでは情報商材アフィリエイトは禁止されていると思った方が良い
アメブロでは情報商材アフィリエイトは禁止されていると思った方が良い

結論として、2018年12月13日付けの規約変更を伴ったとしても、アメブロでは情報商材アフィリエイトは禁止されていると思った方が良いでしょう。

無理して穴を掻い潜ってなんとか突破しようと試みるよりも、他で戦えるフィールドはいくらでもあるので、早い段階で判断を下す方が賢明です。

管理人自身、「もしかしたらアメブロを活用して情報商材アフィリエイトを強化できるか?!」と思い、アメーバプレスPROから提供されている2週間の試用期間を利用して、

アメブロで情報商材アフィリエイトを即座に実践してみましたが、数時間で先ほどの結果が得られたので、即断で解約をしました。

※アメーバプレスPROの使い方のひとつとして、一般的な商品やサービスを広告としている物販系ASPを使っている方は試してみても良いかもしれませんね。

参考WordPressからアメブロへ自動投稿するプラグイン「アメーバプレスPro」

>このブログは 結果へ導く次世代WordPressテーマ「ザ・トール」 を使用中です。

このブログは 結果へ導く次世代WordPressテーマ「ザ・トール」 を使用中です。

SEOに最適化し、超高速表示を実現した 国内トップクラスのブロガー/アフィリエイター向けWPテーマ。このブログと同じデザインにしたい場合は、下記リンク先で詳細を確認出来ます。

CTR IMG