LUREA plus(ルレアプラス)の各アフィリエイト戦略を本気でレビューしたら21066文字超えました

LUREA plus(ルレアプラス)公式サイト
LUREA plus(ルレアプラス)公式サイト

>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

このページでは、LUREA plus(ルレアプラス)における各アフィリエイト戦略についてレビューしています。
有名な戦略名で言えば、ショートレンジ戦略、ミドルレンジ戦略、ロングレンジ戦略など、聞きなれたLUREA plus(ルレアプラス)特有の戦略シリーズですが、
いまいち、どの戦略がどのレベルを指していて、どういう違いがあるのか?が分かりづらいのでは、と感じたので、筆者が各戦略ごとにレビューしていきます。
LUREA plus(ルレアプラス)を未だ購入されていない方は、各戦略にどんな内容が書かれているのか?アウトラインを掴むきっかけになると思うので、参考にしてください。
それでは一緒にショートレンジ戦略から見て行きましょう。
目次

LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略は超・初心者向けの戦略

LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略は超・初心者向けの戦略
LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略は超・初心者向けの戦略

ショートレンジ戦略は、アフィリエイト超・初心者向けに用意された、最短で収益化を図るための戦略であり、アフィリエイトは正しく取り組めば報酬が発生するんだ、と認識するために用意されたのものでもあります。

作業内容として、アフィリエイトを行う商品を先に選定し、無料ブログを使用して商品の紹介を行なっていきます。

記事タイトルや本文の内容などもお手本となるサンプルサイトが用意されているので、非常に簡単です。

ショートレンジブログ戦略

イメージ画像

ショートレンジブログ戦略の具体的なブログ公開

言葉だけではどうしてもどういうブログを作っていけばいいのか?がわからないこともあるので具体的にサンプルブログを公開しています。この通り作ればいいというよりも、イメージを掴んでもらえればと思います。

引用元:http://lurea.net/

またショートレンジ戦略では、ショッピングモール型の大手ASP(楽天・Yahoo!・アマゾンなど)を使用しますので、数多くの取扱い商品を選択することができます。

上記ASPは次々と新商品が出てくる為、ライバルと競合しづらい、といった利点もあります。

初心者の方でも取り組めるように設定されている戦略の為、高度なライティング技術やSEO対策などの施術を行う必要が無い難易度になっています。取り組み期間として約1~3ヶ月が目安です。(特に決まりなどはありません。)

では、LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略の特徴について細かく掘り下げていきます。

ショートレンジ戦略では無料ブログを頻繁に使用

ショートレンジ戦略にてアフィリエイトを行う際に使用する媒体は無料ブログのみです。独自ドメインを用いたHTMLサイトやwordpress(ワードプレス)は一切使用しません。

無料ブログは比較的早い段階で上位表示する、という特性を持っている為、数多く作成していくことで検索ユーザーの目に触れる機会が多くなり、報酬も発生しやすくなります。

※根本的な話ですが、作成した無料ブログが検索上位に表示されない限り、検索ユーザーの目に触れない為、一所懸命に記事を書いたとしてもアフィリエイト報酬が発生することはありません。

その為にも数多く作成し、機会損失を減らします。また、ここでショートレンジ戦略にて作成した無料ブログは無駄にならず、資産にもなります。その理由を後述します。

LUREA plus(ルレアプラス)の商品パッケージの中に、3M無料ブログ用テンプレート「リプラLuster」が用意されているのでカスタマイズも安心

3M無料ブログ用テンプレート「リプラLuster」が用意されているので、これを機に使用されることをお勧めします。無料ブログ初期設定の状態ではアフィリエイトを行うのに対し、味気なく不向きな状態なので変更された方が良いです。

無料ブログ用テンプレートRipra

イメージ画像

3M無料ブログ用テンプレート「リプラ Luster」は、無料ブログを効率的にインデックスさせ、検索結果の上位に表示し、アフィリエイトリンクを高い確率でクリックさせることを目的に制作された無料ブログテンプレートです。

引用元:http://lurea.net/

ショートレンジ戦略では購買意欲が高いキーワードを狙い撃ち

ショートレンジ戦略では徹底して購買意欲が高いキーワードを狙い撃ちしていきます。いわゆる商品成約から一番近い距離のキーワードのことです。

例えば、「ルレア+購入」「ルレア+通販」といったようなキーワードのことを指し、既に商品の存在を認知しており“これからこの商品を購入しよう”と思っている検索ユーザーを次々と狙い撃ちしていきます。

ショートレンジ戦略を応用した方法も教材内に記載されている

圧倒的にライバルと差別化して1ヶ月30万の収益を上げる方法

ショートレンジブログ戦略の応用編です。これをするだけで時間を圧倒的に効率化することが出来、周りにライバルを蹴散らして稼ぐことが可能になります。その方法を実際のサイトを公開して解説しています。

引用元:http://lurea.net/

応用編と言っても特別難しいことを考える必要がなく、教材内に書かれている内容及び公開しているサイトを見ながら、同じ様に記事タイトルと本文を作成していけば良いです。非常に簡単です。

ショートレンジ戦略で作成した無料ブログはサテライトサイト群として資産になる

ショートレンジ戦略で作成した無料ブログは単純にアフィリエイト報酬獲得を狙ったものだけではなく、今後のSEO対策として活躍するサテライトサイト群として資産にもなります。

これは次のステップとして登場するミドルレンジ戦略やロングレンジ戦略での使用を意味します。

ショートレンジ戦略では目標として約1~5万円/月の報酬を獲得する

ショートレンジ戦略では目標として約1~5万円/月ほどの報酬を獲得しましょう、と設定されています。

あくまでも目安ですが、この報酬金額ついては絶対の決まりではなく、この程度の報酬を獲得することに成功すれば、LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略をきちんと学んで実践できたと言えるだろうと言った目線です。

ショートレンジ戦略はあくまでも通過点に過ぎない

教材内でも言われていますが、ショートレンジ戦略はあくまでも通過点に過ぎません。

自分の中で納得するレベルで体得できた、ということではあれば、次のステップのミドルレンジ戦略への移行を推奨しています。いつまでもやり続ける必要はありません。

※LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略の取り組み期間は約1~3ヶ月程度です。絶対的な決まりはありません。

>>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ戦略はショートレンジ戦略の強化版

LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ戦略はショートレンジ戦略の強化版
LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ戦略はショートレンジ戦略の強化版

LUREA plus(ルレアプラス)のミドルレンジ戦略では、ショートレンジ戦略で無料ブログで数を作り、検証し収益化を図ることができたブログについてのみ、さらなる強化をしていきます。

具体的には、HTMLサイト又はwordpress(ワードプレス)に移行し、サイトを強化することで検索順位を安定させていきます。検索順位が安定すれば定期的に検索ユーザーが訪れるので、安定的かつ長期的に収益化を図ることが可能です。

先程もお伝えしましたが、ショートレンジ戦略で月1~5万円程度稼げたならミドルレンジ戦略へ移行するサインです。教材内でも語られていますが、なるべく早い段階でミドルレンジ戦略へ移行した方が、一層収益化を図ることができます。

ミドルレンジ戦略は1商品に対し1つのブログorHTMLサイトを構築

ミドルレンジ戦略では、1商品に対し1つの無料ブログ or wordpress(ワードプレス)or HTMLサイトを構築していきます。

SEO対策的にwordpress(ワードプレス)、HTMLサイトの方が上位表示も安定しやすい(=報酬も安定しやすい)為、無料ブログよりもお勧めです。

売れるかどうか分からないのにドメイン代を支払いたくない、ということであれば、無料ブログで作成し検証してからでもOKです。むしろ、その方は比較的に早い段階で「売れる・売れない」の判断が付くので効率的かもしれません。

ミドルレンジ戦略はショートレンジ戦略に比べ、収益が膨らみやすい

ミドルレンジ戦略はショートレンジ戦略に比べ、収益が膨らみやすい理由として、運営するサイトの強さが増していく為、報酬単価が高い商品を狙っていくことができます。

ショートレンジ戦略で収益が上がったサイトの強化、ライバルの強さと共に報酬単価が高い商品への取り組みも可能になります。

ミドルレンジ戦略ではショートレンジ戦略に対して内容の濃いコンテンツを提供=商品リサーチの深さを強化する必要がある

ミドルレンジ戦略は、1商品1無料ブログ or  wordpress(ワードプレス)or HTMLサイトで進めていくわけですが、「他のどのサイトよりも詳しくするんだ!」という気持ちでサイトを作成していくと収益を図りやすいと教材内で語られています。

検索上位にいるライバルサイトで書かれていないことを自サイトで書いたり、既に書かれていることに対してもプラスアルファの内容で書くことで、検索結果における上位表示並びに公式サイトへの誘導率の高さを期待できます。

未だ売れるかどうかわからない商品に必要以上にリサーチを行うのは効率が悪いのでバランスが大事ですが、今後出てくるロングレンジ戦略で深いリサーチを行う必要性が出てきます。

ショートレンジ戦略における無料ブログでの上位表示は安定しづらいデメリットを持っている

無料ブログはwordpress(ワードプレス)やHTMLサイトに比べると、上位表示し続ける安定さに掛けています。

ショートレンジ戦略が肌にあっている方は、ミドルレンジ戦略と並行して取り組むのは教材内でも推奨していますが、固執するのはNGです。

あくまでショートレンジ戦略では短期間で収益化を図る、ブログアフィリエとのスキルを身につける、サテライトサイトの構築、といった意味合いを理解して取り組む必要性があります。

ミドルレンジ戦略における無料ブログとWordPress(ワードプレス)HTMLサイトとの違い

ミドルレンジ戦略では無料ブログ、WordPress(ワードプレス)、HTMLサイトの3種類の媒体から選んで実践することになります。

中長期的にサイト運営することを見越して、WordPress(ワードプレス)、HTMLサイトによる作成を推奨しています。

それぞれの特徴を箇条書きにしてまとめてみました。

無料ブログの特徴

  • 無料で使用可能な為、資金がかからない
  • 検索エンジンへのキャッシュが早く上位表示されやすい
  • wordpress(ワードプレス)やHTMLサイトに比べ検索順位が下降しやすい
  • 運営基に削除されるリスクは常に含んでいる

WordPress(ワードプレス)、HTMLサイトの特徴

  • 無料ブログに比べ上位表示まで時間が掛かる ※特に新規ドメインの場合、中古ドメインの場合は質に左右される
  • 無料ブログよりも検索順位が安定しやすい傾向がある
  • 無料ブログに比べSEO対策的に有利
  • 無料ブログのように削除されない
  • レンタルサーバーやドメイン代への費用は投資の意味を成す(経費)

毎月安定したアフィリエイト報酬を獲得しようと考えた時に、目先の経費をケチって無料ブログだけでサイト構築を行ってしまうと後々損します。アフィリエイトもビジネスなので最低限お金を掛ける箇所は掛けた方が得策です。

後々に収益化を図ることに成功して、振り返った時によくわかります。

ミドルレンジ戦略の進め方は、報酬が発生した無料ブログの強化に尽きる

何度も重複しますが、ミドルレンジ戦略では進め方として、無料ブログで数作成し、報酬が発生した無料ブログと取扱商品は、WordPress(ワードプレス)or HTMLサイトにて作成を行います。

投資するレンタルサーバー及びドメイン代は上記で発生したアフィリエイト報酬で十分カバーできる、と考えた方が賢明です。必要な箇所にはお金を落とす、といった考え方を身につけた方が大きく収益化を図ることはできます。

ショッピングモール型ASPに付け加え、独自型ASP(A8、アフィリエイトB、バリューコマースなど)の使用も開始

使用するASPはショッピングモール型ASPに付け加え、独自型ASP(A8、アフィリエイトB、バリューコマースなど)の使用も出てきます。独自型ASPはショッピングモール型ASPと比べて報酬単価が高い案件が多く、収益が伸びやすいです。

目安の目標として、月10~20万円程の報酬額を獲りに行くイメージです。このゾーンに突入すると、ショートレンジ戦略の時と比べ、ライバルも多く、レベルも上がってくるので、無料ブログだけでは苦戦する可能性が高いです。

各独自型ASPにしかない案件も多数存在しているので、一通り登録はして、商品一覧には目を通しておいた方が良いです。

ミドルレンジ戦略では年中売れる商品を取り扱う

LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ戦略では短期的な商品(旬の商品)ばかり選定しても、売れにくくなる時期がくるので控えていきます。反対に悩み系商品は年中需要があるので安定して報酬が発生していきます。

取り扱う商品のイメージとして、ショートレンジ戦略で売れている商品、または自身が興味がある商品(ニッチ過ぎる商品はNG)を中心に選定して、「売れるかどうか」を実践の場で確かめながら進めていきます。

物販系の商品、情報商材系の商品、どちらも取り組み可能なので、迷うくらいなら両方取り扱った方が早い

教材内でもMOTOさんが繰り返し言及されていますが、商品選びにしても、戦略への取り組みにしても、ひとつのことに固執せず柔軟に対応してくださいと言われています。

また、どうしても苦手な案件は無理に手を付ける必要はありません。需要があるものかつ興味があるものがベストです。今後外注さんを見つけて、苦手な案件に対する記事作成の発注を行うなど、やり方はあります。

各独自型ASPにはどんな商品が存在するのか?アタリを付けることができるようにする為に、ひと通りチェックしておいた方が良い

これを行わないと、選定する商品の良し悪しや違いが感じ取れないので、必ずチェックするメモ帳などに良いなと思った商品を控えていくと後々役に立ちます。

ちなみに管理人は毎日インフォトップの売上ランキングと新着商品を欠かさずチェックしています。

新着商品があった場合はすぐに購入してレビュー記事を書く事で、長期間検索上位を取ることが可能なので、検索エンジンからの流入と商品の成約が発生してきます。

ミドルレンジ戦略ではHTMLサイトの作成にSIRIUS(シリウス)を推奨している

LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ戦略では、HTMLサイトの作成の際にSIRIUS(シリウス)というツールを推奨しています。無料ブログを作成する感覚でHTMLサイトを作ることができるので重宝します。

ではSIRIUS(シリウス)というツールはどんな商品なのか?簡単にご紹介します。

商品名:次世代型サイト作成システム「SIRIUS」/販売元:株式会社ACES WEB

商品名:次世代型サイト作成システム「SIRIUS」/販売元:株式会社ACES WEB
商品名:次世代型サイト作成システム「SIRIUS」/販売元:株式会社ACES WEB

参考 次世代型サイト作成システム「SIRIUS」公式サイト

このSIRIUS(シリウス)というサイト作成ツールは管理人も購入しました。HTMLの知識が無くても手軽に作成することができる点に強く惹かれました。累計50,000人以上の方が購入されたもの頷けます。

無理に上記のSIRIUS(シリウス)を使用する必要はありません。ですが、量産の作業効率やサイトデザインのクオリティを考えると製作者がSIRIUS(シリウス)をお勧めする気持ちもわかります。

WordPress(ワードプレス)を使用して作成するのもOKです。その際は、LUREA plus(ルレアプラス)を購入した際に一緒に受け取ることができる「リファインSNOW2(SEO対策済みテンプレート)」を使用して進めていくのも良いです。

ワードプレス用テンプレートリファインSnow

イメージ画像

リファインSNOW2へバージョンアップ!!

リファインSNOW2は、SEO性、デザイン性、機能性、操作性など4つの要素をしっかりと重視した高性能WordPressテンプレートです。アフィリエイターがもっとも使いやすい機能を盛り込み半年間、毎週打ち合わせを重ねて開発した、

これまでにはない高性能テンプレートになってます。アフィリエイトに必要な機能を豊富に搭載しつつも誰でも簡単に使えるように設計しています。これまで味わったことが無いような感動を味わえると思いますよ。

引用元:http://lurea.net/

ミドルレンジ戦略では目標として約10~20万円/月の報酬を獲得する

ミドルレンジ戦略では、目標金額として約10~20万円/月のアフィリエイト報酬を獲得することを合格ラインとしています。但し、絶対的な決まりではないので参考値です。

今回のミドルレンジ戦略までは「商標キーワード(商品名・サービス名など)」によるサイト展開を行ってきましたが、次のステップではミドルレンジ関連キーワード戦略に入ってきます。

この関連キーワードとは、その名の通り「売りたい商品に関連するキーワード」のことを指す

直接的に商品名やサービス名のことを指す「商標キーワード」と違って、紹介したい商品のことを知らない方がターゲットとなるので成約させるには、相応のコンテンツが必要です。

教材内でこの関連キーワード戦略の目標金額が月20~100万円の報酬額と設定されていますので、サラリーマンから独立することを考えている人にとっては本格的にビジネスゾーンへ突入していきます。

>>>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ関連キーワード戦略は月100万円超のアフィリエイト報酬を狙っていく

LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ関連キーワード戦略は月100万円超のアフィリエイト報酬を狙っていく
LUREA plus(ルレアプラス)ミドルレンジ関連キーワード戦略は月100万円超のアフィリエイト報酬を狙っていく

ミドルレンジ関連キーワード戦略では紹介する商品に対しての関連キーワードを狙って、今までの戦略とは違う角度から攻めていきます。

穴場キーワードの発見なども起こりうるのでライバル不在の状態で収益化を図る可能性も十分にあり、この関連キーワードを扱えるかどうか?が今後インターネットを使用した集客において大きな分かれ目になってきます。

ミドルレンジ関連キーワード戦略では月間の獲得報酬目安は20~100万円の大台に乗ったビジネスゾーンに突入していきます。このゾーンまでレベルアップを図ることに成功すれば、独立(法人化)も現実的に考えていくことになります。

ショートレンジ戦略&ミドルレンジ戦略では商標キーワードのみを狙っていたのに対し、ミドルレンジ関連キーワード戦略では「脱・商標キーワード」となる

ミドルレンジ関連キーワード戦略では、ショートレンジ戦略&ミドルレンジ戦略で狙っていた「商標キーワード(商品名・サービス名)」から脱して、今までと違う角度の関連キーワードから成約へ結びつけていく戦略です。

現在稼げていない方はライバルが限りなく少ない商品(ニッチ過ぎる商品)を狙う傾向がありますが、敢えて、売れている商品を狙っていき収益化を図る形となります。

※新商品に関しては、ライバルも少なく、スピーディに記事を書く事で上位表示し短期的に稼げる可能性が高いです。ニッチ過ぎる商品は報酬発生の可能性が低い為、労力に対して成果が付いてこない可能性が高いです。

ミドルレンジ関連キーワード戦略は、大きく切り口を変えるため、競合とバッティングしない可能性が高い

ミドルレンジ関連キーワード戦略は、先ほどの「商標キーワード(商品名・サービス名)」とは違い、大きく切り口を変えていく為、競合とバッティングしない可能性が非常に高いです。(=ブルーオーシャン化)

また一度成果が出た関連キーワードではライバルの存在が無い場合、自身で独占できるため、発生した収益が安定しやすく、中長期的に見て大事なキャッシュポイントとなります。

新規顧客を集めることに苦労しているクライアントや広告主は多く、関連キーワードから新規顧客を集めることができるアフィリエイターは重宝される

全くその商品を知らない検索ユーザーをインターネット上で集めることができ、さらに商品の成約をしてもらうことができれば、そのアフィリエイターはクライアントや広告主から優遇されます。

自身が販売者の立場に立った時に、未だ手を付けることができていない未知の領域から、新規顧客を次々と引っ張ってきてくれるアフィリエイターがいたら、管理人の場合は確実に優遇します。(特別単価や新規商品のモニターなど)

ミドルレンジ関連キーワード戦略で作成するサイトが一番面白い(by MOTOさん)

ミドルレンジ関連キーワード戦略の解説動画の中で、LUREA製作者であるMOTOさんが、関連キーワードで作成するサイトが一番面白い、と語られていました。

また、関連キーワードで無料ブログで300個程作成していた。わかってくると楽しい、とも語られており、月数百万円以上の収益を上げているアフィリエイターは流石だ、と感じました。

関連キーワードは収益の振り幅が大きく、キーワードによって月1万円の収益が上がるものもあれば月10万円以上の収益が上がることもある

選定した関連キーワードによってはライバルいないケースがあるので、その場合は、中長期的に安定して報酬が発生し続けることもあります。

管理人も悩み系商材をアフィリエイトする際に、お宝とも言える関連キーワードを発見した時は、日当たり2~3件の製薬が発生することもありました。

但し、関連キーワードから商品の成約につなげるまでは、それ相応の導線を敷く必要があるので、ショートレンジ戦略、ミドルレンジ戦略に比べて難易度が上がってきます。

ミドルレンジ関連キーワード戦略では様々なジャンルに手を出すよりかは、1つのジャンルを狙っていく

ミドルレンジ関連キーワード戦略では、様々なジャンルに手を出すのではく、1つのジャンルを狙っていくことを推奨しており、その方が複数のサイト達が「群」となり、結果的に効率が良いと言われています。

1サイトあたりの収益が月5万円~30万円突破が最初の目標であり、中長期的に見てそういったサイトを複数所有していくことを指針としています。

余談ですが、ビックキーワードで上位表示を果たすと月1000万円以上の収益が見込めることもあるそうです。「クレジットカード」や「脱毛」といった強豪ジャンルがそうかもしれません。

ミドルレンジ関連キーワード戦略で狙うべき関連キーワードの種類は全部で5種類存在する

各関連キーワードの名称はあくまでLUREA plus(ルレアプラス)教材内で使用されているものですが、このように仕分けされていると、検索ユーザーの欲求を仕分けしやすいので敢えて掲載します。

1、ジャンル系キーワード

【例】犬のしつけ ウォーターサーバー 脱毛 クレジットカード

  • ジャンル系二語キーワード 【例】犬のしつけ+トイレ
  • ジャンル系三語キーワード 【例】犬のしつけ+トイレ+成犬

※上記のようにジャンル系のキーワードを含んだ二語or三語キーワードを狙い撃ちする。ヒットすればキーワードによっては数十万円~100万円単位の収益も見込める。

2、欲求系キーワード

【例】メンズ+サングラス+ブランド※ファッション系、家具、家電などを物販を購入する際に多く見かけるキーワード。検索ユーザーの意思の中で、欲しいものが大枠で決まっており、それを探し出す為に打ち込まれるキーワード。

3、悩み系キーワード

【例】ニキビ+治し方 口+臭い+原因 英語+話せない+悔しい※自身の悩みを言葉に表したキーワードのこと。身体の悩みや人生における悩みなど、検索ユーザーとしては何とかして解決したい悩みを言葉化して打ち込むキーワード。

4、地域名キーワード

【例】岐阜+車査定 愛知県+引越し+安い※地域名が含まれたキーワード。市区町村名も含めてピンポイントで探している検索ユーザーが入力する言葉。

5、潜在キーワード

※上記に該当しないキーワード全て

端的にどの関連キーワードを狙えば良いのか?という答えは残念ながら存在しないです。

管理人がお勧めするならば、成約を獲得する為に購買キーワードを用いて作成した記事に、アクセスを流すことを考えるならばどの関連キーワードが適切か?を考えた方が良いです。

関連キーワードを用いして記事を書く、ということは集客経路(検索エンジン)としての入口を新たに設ける形になるので、どういう言葉で検索してきたユーザーを自身のサイトに取り込めば、サイト内で紹介している商品を購入してくれるのか?

冷静に考えれば、候補がいくつか出てきますので、あとは全部記事化してアクセスを確保して経過観察を行うだけです。最初から正解はありませんので、限りなく精度が高い状態で記事を書くことが求められます。

購買意思決定のプロセス5段階を知ることで関連キーワード戦略の理解を深める

検索ユーザーが何かの商品を購入する際には、必ず5段階の購入意思決定に至るまでのプロセスが存在します。分かりやすいように「ニキビ」を題材にして5つのパートを書いて行きます。

1、ある日ニキビが嫌だ、治したいと思う(問題認知)

自分自身で気付く、他人に指摘されて気付く等を含め、自分自身に引き起こっている問題に気付く。

2、ニキビを治す解決方法を探す(情報検索)

雑誌、書籍、インターネットなどを使ってニキビを治す解決方法を模索する。ジャンル系キーワードや悩み系キーワードがこのセクションで検索される関連キーワード。

3、ニキビを治すことができる商品を検討する(比較検討)

複数存在する商品がある中でどれが自分に向いているのかを比較検討する。商品のランキングや比較サイトなどを参考にしながら購入する商品を絞っていく。

また検討商品の口コミを探し出す等を行い、自分自身の購買への不安を払拭する為に行動する。

  • 商品名+口コミ 感想 など:自身と同じ境遇に置かれた購入者の声をチェック。
  • 商品名+体験 口コミ 評判 など:自身より少し酷い人が購入後どうなったか?を探す場合も。

4、自身が購入すると決めたニキビ商品の購入先を探す(購買)

様々な情報をもとに比較検討した結果、購入すると決めた商品を購入できる場所を探すことに。

  • 商品名+購入、通販、最安値、在庫 など:インターネット上で自身が購入したい商品を探す時のキーワード。

5、自身が購入したニキビ商品の判定を下す(共有)

自身が購入したニキビ商品が購入前のイメージに対して上回っていた、または残念な結果だった、いずれの場合も共有する行動を起こす。購入者全員が全員ではないが、アクティブな検索ユーザーはその対象となる。

この購入意思決定のプロセス5段階を頭に入れておくことで、今自分が書いている記事は“5段階中どの段階の検索ユーザーに向けたものなのか?”が体系的に分かるようになります。

当然ですが、「4、自身が購入すると決めたニキビ商品の購入先を探す(購買)」の段階の検索ユーザーに向けた記事を書いて、アクセスを集めれば成約を獲得するのは容易です。

なぜなら、購入意思決定を行うまでの課程を踏んだ上で、アクセスしてきているからです。その代わり、ライバルが多く、サイト媒体が強くないとなかなか上位表示されないかもしれません。このあたりは一長一短です。

ミドルレンジ関連キーワード戦略では、この部分をもっと深く学ぶことができます。

>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略では1テーマに決めた特化型サイトを構築し収益化を図る

LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略では1テーマに決めた特化型サイトを構築し収益化を図る
LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略では1テーマに決めた特化型サイトを構築し収益化を図る

ロングレンジ戦略では1テーマに決めた特化型サイトを構築し収益化を図るスタイルであり、1つのサイトに集中して記事数を増やしていきます。

ロングレンジ戦略における1テーマ特化型サイトは、数よりも質を重視したアフィリエイトスタイル

他の言葉に言い換えれば、ロングレンジ戦略における1テーマ特化型サイトはパワーサイト、パワーブログとも呼ぶことができます。数十~数百ページの規模で1テーマに沿った内容の記事を入れていき、1サイトで大きな収益を上げていくイメージです。

LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略は検索エンジンとも相性が良いので、一度、1テーマ特化型サイトを構築さえしてしまえば中長期的に収益化を図ることができます。

ロングレンジ戦略で作成するサイトは濃いコンテンツを保有しているので上位表示されやすい傾向があります。その反、選定したテーマに対して詳しくなる必要があります。

ロングレンジ戦略でも、何でもかんでも作れば月間の収益が100万円を達成するわけではない

ロングレンジ戦略において、どんなテーマ、ジャンルでも月間100万円を超える収益化を図れるわけではありません。むしろ適当なテーマ選びは致命傷となってきます。

ショートレンジ戦略、ミドルレンジ戦略を取り組んだ際に、実施に売れた商品や、取り組み易かったジャンルの選定を覚えておく

これは一見遠回りに見えるかもしれませんが、かなり重要な部分です。反対に売れるかどうか分からない商品や今後伸びていくかどうか分からないジャンルを当てずっぽうで進めていく方がリスクが高いです。

管理人も失敗した経験がありますが、適当に商品欄を見て「これで良いや」と選択してサイト作りを行うと高確率で失敗します。稀に成功する場合もありますが、それではあまりにも不確実なので、検証と分析を行った方が良いです。

自分が興味あるジャンルかつ収益化が見込めるジャンルを選定することが非常に重要で、ショートレンジ戦略やミドルレンジ戦略でテストマーケティングを行ってから、ロングレンジ戦略のサイト作りに移行されることをお勧めします。

ロングレンジ戦略では選定したテーマに対して、検索してきたユーザーが抱えている悩みを解決していく

ロングレンジ戦略では、自身が選定したテーマに付随する内容も含めて、検索してきたユーザーが抱えている悩みを解決していくことが求められます。

検索ユーザーの悩みを解決する方法の一環として訪問者目線の記事をひとつずつ丁寧に作成していく

アフィリエイトサイトを運営する上で管理人は非常に重要だと感じているのが、この“検索ユーザーの悩みを解決する方法の一環として訪問者目線の記事をひとつずつ丁寧に作成していく”という部分です。

もっと具体的に言えば、「1記事=1キーワード(複合)=1ターゲット」を肝に銘じて、少しでも検索してきたキーワード(悩み)に対する答えを提示できるように記事を書くように心掛けています。

反対に失敗する記事の書き方としては、「1記事=複数キーワード=複数ターゲット」で設定し記事を書いてしまうと、一体全体誰に向けた内容なのか?が軸がブレてしまい、検索ユーザーの心に突き刺さりません。これでは意味が無いです。

ロングレンジ戦略では内部リンクが形成されていき、外部リンクに頼らなくてもSEO効果を期待できる戦略でもある

ロングレンジ戦略では、1テーマに沿った記事を増やしていくことで、自然と内部リンクが形成されていき、外部リンクに頼ることなくSEO効果を期待できる戦略でもあります。

選定したテーマに沿った内容で、かつ、自分の意見を吐き出した記事作りが非常に重要

調べたらすぐに出てくるウィキペディアや教科書のような内容の記事は検索ユーザーには好まれません。検索してきたキーワード(悩み)に対して、答えを提示すると共に、執筆者の意見や価値観をそこに投入する必要があります。

重要なのは、調べたい内容に対する正解か不正解かではなく、共感や学びを感じ取れるか取れないかの方が何百倍と大事です。そう思われる為にも、執筆者しか書けない内容や体験談、価値観は、検索ユーザーにとって貴重なものになります。

1テーマからブレずに独自コンテンツを入れ、ブックマークされるサイトづくりをめざす。「このサイトにこれば何でも知りたいことが分かる」と検索ユーザーに思ってもらえたら合格

一番わかりやすい例として、ブックマークや共有(シェア)される程の記事内容かどうかがひとつの指標ともなります。多数の検索ユーザーからブックマークをされる、ということは「多数の検索ユーザーにとって、必要なニーズ(需要)を満たしている」とも、見て取れます。

最終的な目的はブログの資産化であり、言い換えれば、長く訪問され続けるサイト作り、そして戦略的にキーワードを選定して、一定以上のアクセスが毎日発生し続けるようにし、連続して収益化を図れることが最大の目標です。

ロングレンジ戦略の狙いは、ロングテールのキーワードで上位表示を獲得し、最終的にメインキーワードでも上位表示すること

ロングレンジ戦略の狙いは、無数に作成する記事コンテンツからロングテールキーワードで上位表示を獲得し、最終的にミドルキーワードやビックキーワードであるメインキーワードでも上位表示することです。

ロングテールのキーワードで上位表示を獲得していくと、SEO効果が蓄積されてミドルキーワードやビックキーワードでも上位表示されるようになる

いきなり最初の時点でミドルワードやビックキーワードに対して勝負を挑んでも勝てる見込みが限りなく「0」に近いです。当然ながらライバルサイトにも運営してきた歴史があり、様々な経緯があって現在の検索順位に君臨しています。

その現状を打破するには、ライバルサイトを抜けるレベルまで引き上がっていることを検索エンジンに認知してもらわないといけません。その指標となるのが、アクセス数全般(UU数、PV数)、滞在時間、更新頻度などが挙げられます。

これらの数値が増加されることで、検索エンジンから客観的に評価されるようになり、作成した記事が様々なキーワードで上位表示されるようになります。確実な正解がないので体感にはなりますが、大方合っていると感じます。

ロングテールのキーワードを取得し記事をかくことで、様々なキーワードを入口にアクセスが集まってくるので、最初は下積みの意味も含めて基盤を作っていく

ロングテールキーワードは言い換えればスモールキーワードとも言えます。すなわち月間検索回数が少ないキーワードのことです。これは、ニッチなジャンルでのキーワードや二語キーワード、三語キーワードにもよく当てはまります。

LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略における1テーマ特化型サイトを構築していく上で、メインとなるターゲットの検索ユーザーが、必要とする情報を細分化していけば、いくらでも見つけることができます。

このロングテールキーワードを丁寧にリスト化して、「1記事=1キーワード(複合)=1ターゲット」を忠実に守って記事を書いていけば、各記事が小さな入口となり、全体で見ればまとまった数でのアクセスになっていきます。

この小さな積み重ねを「10、20、30、50、100記事」と積み上げていくと、二次関数的にサイトが強くなっていくので、ブレずに書き続けることが、最大の近道かもしれません。不安に押しつぶされたら、ふりだしに戻ります。

ロングレンジ戦略では、成約率を上げる為に、スナイパーサイトを用意して、見込み客のアクセスを流し込む

LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略では、獲得したアクセス(見込み客)の取りこぼしを最小限にとどめる為に、成約率が格段に上がる「スナイパーサイト」を用意して成約を獲りにいきます。

成約率が格段に上がる「スナイパーサイト」は言い換えれば、商品レビューの1カラム特化型サイトのことを指す

成約を獲得したい商品に対して、色んな角度から商品レビューを行った内容を、ひとつの1カラム特化型サイトにまとめたものを、LUREA plus(ルレアプラス)では「スナイパーサイト」と呼んでいます。(1カラムで無い場合もあります。)

本質としては、商品を購入しようかどうか検討している検索ユーザーをスナイパーの如く狙い撃ちする為に用意されたサイトのことで、簡易版の情報商材セールスページのような印象を受けます。縦に長い成約率重視のページのことです。

「スナイパーサイト」を作る際は、成約を獲りたい商品の「購入レビュー」を含んだコンテンツが最強の訴求コンテンツとなる

これから商品を購入しようと思っている検索ユーザーにとって、一番知りたい部分は、“実際にその商品○○を購入して、□□(疑問内容)はどうだったのか?私は本当に購入しても大丈夫ですか?損は無いですか?”という部分です。

根本的に、商品購入に慎重な検索ユーザーこそ、この疑問を解消したく、多数の口コミサイトであったり、実際の購入者の体験談や評価などを読み漁っています。そして自身の中で抱えている不安や疑問が解消された段階で購入に踏み切ります。

そんな状態の検索ユーザーを確実に狙い撃つ為に、LUREA plus(ルレアプラス)では「スナイパーサイト」を用意して、取りこぼしを最大限減らせる状態で、収益を最大化しましょう、と言われています。

そもそも、紹介する商品が“本当に売れている商品か否か?”を手っ取り早く確認するには、Google広告などのリスティング広告(PPC広告)を使用してもOK

管理人は、別教材でGoogle広告などのリスティング広告(PPC広告)の使用方法を学んだので、選定した商品がどの程度売れるのか?をテストする際は必ず使用します。早ければ即日で結果が出るのでチェックが早いですし、収益も発生します。

ショートレンジ戦略やミドルレンジ戦略に基づくサイト作成を行う時間が無い人は、管理人のようにリスティング広告を使って、アクセスを即日で集めてセールスページに流し込み、成約率(数)の測定を図ることも可能です。

その場合は、サテライトサイト群は生成されない形となるので、その良し悪しは個々によって異なります。

ロングレンジ戦略では、日々記事を追加し続けていき、選定した1テーマに対するポータルサイト化を目指す

LUREA plus(ルレアプラス)ロングレンジ戦略における最大の目的地は、選定した1テーマに対するポータルサイト化であり、「やっぱり、○○と言ったらこのサイトだよね」と言われる状態を目指し、日々記事を追加し続けていきます。

インターネット上において資産とも言える、自分だけのポータルサイトを作るのは至難の技。だが、成功すれば大きなやりがいと収益化を図ることができる

当然ですが、1日2日で自分だけのポータルサイトを作るのは至難の技どころか不可能な話です。年単位で運営していき、どこかの段階で達成するかもしれませんが、急いで作成してどうにかなる類いの話ではありません。

例えば、管理人が運営しているこのブログもそうですが、○○年○○月時点でこうなります、と宣言して実現させるのは少し非現実的ですが、運営した結果、○○年○○月の時点ではこうなりました、という形であれば、実績をお見せできます。

自身が選定したテーマのプロと呼ばれてもおかしくないレベルまで発展させることが、ひとつの目安になりますと、LUREA plus(ルレアプラス)の音声内でも語られていました。

>>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

LUREA plus(ルレアプラス)クロスオーバー戦略は、各戦略の手法をクロスさせて大きな収益化を図ることが目的

LUREA plus(ルレアプラス)クロスオーバー戦略は、各戦略の手法をクロスさせて大きな収益化を図ることが目的
LUREA plus(ルレアプラス)クロスオーバー戦略は、各戦略の手法をクロスさせて大きな収益化を図ることが目的

LUREA plus(ルレアプラス)クロスオーバー戦略では、各戦略(ショートレンジ戦略・ミドルレンジ戦略・ロングレンジ戦略)の手法をクロスさせてより大きな収益化を図りましょう、という主旨が込められています。

LUREA plus(ルレアプラス)教材内ではショートレンジ戦略からミドルレンジ戦略、そしてロングレンジ戦略とステップアップして行きましょう、と推奨していた

未だアフィリエイトを実践したことが無く、LUREA plus(ルレアプラス)の教材を読んだとしても、どの方向へ進めて行けば良いのか右も左も分からない方の為の基本パターンとして解説されています。

クロスオーバー戦略は、これまでに順当に、LUREA plus(ルレアプラス)内で提唱されている各戦略(ショートレンジ戦略・ミドルレンジ戦略・ロングレンジ戦略)を進んで来た方が、さらなる収益を図る為に必要な戦略。

但し、ロングレンジ戦略からスタートする場合、自身の強みが明確な場合は有利ですが、誰よりも詳しく検索ユーザーに伝える手腕があるかどうか?これが一つの基準となります。

LUREA plus(ルレアプラス)製作者である(MOTOさん、マメボーwさん、未来派野郎さん)が語る、クロスオーバー戦略の具体例

1、ロングレンジ戦略からスタートするのも一つ、何かのジャンルに特化して詳しい知識や経験があるからこそ成り立つ話

何かの分野に特化して詳しいのであれば、情報(コンテンツ)を発信するネタが既に備わっているので、いきなりロングレンジ戦略から始めることも可能です。最低限のサイト構築に対する知識、ノウハウがあればの話です。

サイト作成を成功させる為の条件として、基本的なサイト構築に対する基礎知識や、キーワード選定などができないと、ちぐはぐな状態でサイトを作成することとなり、結果として収益化を図れるサイト作りは困難と言えます。

あくまでも、どの戦略を用いたサイト作成を行うにしても、狙ったように収益化を図れることが目的であり、必達目標でもあるので、この根幹部分をしっかりと押さえた上であれば、ロングレンジ戦略から着手するのはアリだと思います。

※意気込んだは良いものの思ったよりも記事が書けない、と行き詰まってしまう方は、リサーチや勉強量が明らかに足りないので、この状態の方がロングレンジ戦略をいきなりやると挫折する可能性が高いです。

2、ロングレンジ戦略に出てくるスナイパーサイトを、ミドルレンジ戦略のノウハウを活用して、複数ページの特化型サイトへ拡張させていく

通常、ロングレンジ戦略で登場してくるミドルレンジ戦略のスナイパーサイトを複数ページ化して、特化型サイトへしてしまうのも一つの方法だと語られています。

その意図として、従来のロングレンジサイトから集客したアクセスをスナイパーサイトへ流す役割は勿論のこと、スナイパーサイト自体で、ミドルレンジ戦略における商標キーワードでの検索ユーザーを取り込んでしまおう、という主旨が受け取れます。

これは管理人も非常に有効的な手段であり、積極的に取り組んで行く方が良いと感じました。管理人の運営しているサイトの場合は、スナイパーサイトの代わりとなる購入レビュー記事を幾つも執筆していますが、同じ効果を得られています。

成約が獲得できるページ=スナイパーサイト、と言っても過言では無いので、両輪で見込客となる検索ユーザーのアクセスを取り組めるのであれば、使わない手は有りません。

3、ショートレンジ戦略におけるサイトを無料ブログでは無く、敢えて、WordPress(ワードプレス)を使っても良いし、さらにはオールドドメイン(中古ドメイン)を使って作成するのも良い

大前提として、ショートレンジ戦略におけるサイトは、増やせば増やすほどサテライトサイトとしての土台が強化され固まっていくと同時に、そのサイト自体で集客を行い中長期的に成約を狙え続けれる、といった意味でも活用できます。

無料ブログに固執することなく、取り扱う案件によっては敢えて、WordPress(ワードプレス)を使ってサイト構築を図ったり、オールドドメイン(中古ドメイン)を使ってサイトを作成し、短期間で上位表示を狙うなど、様々な使い方ができます。

もともと、ショートレンジ戦略はテストマーケティング的な要素も多く含んでいるので、ある程度成約が継続して見込める商品を取り扱う場合は、独自ドメインを用いてサイトを作成することで、半永久的に自身の元で報酬を発生させることができます。

この辺りは臨機応変に対応していく話だと思うので、ある程度の経験と嗅覚が求められます。また、ウェポンサイト(オールドメインで被リンク送れるルレア購入者専用サービス)を活用していないのも、SEO対策的にも勿体無い話なので、上手に活用していくことが例として挙げられます。

クロスオーバー戦略は、楽天なら楽天だけ、A8ならA8だけ、など商品カテゴリーに囚われる必要はない

管理人も非常に同感ですが、物販系商品を掲載しているサイトに、情報商材を掲載したらNG、というルールはない

運営サイトにとってのターゲットとしている検索ユーザーの属性が、きちんと統一されているのであれば、各キーワードに対して検索してきたユーザーに合った商品を、サイト運営者が見極めて提供していけばOKです。

むしろその方が、検索ユーザーにとっても望んでいることであり、自分は情報商材アフィリエイターだから、又は物販系アフィリエイターだから、と変に境界線を作って区切る必要はありません。

全くジャンルの異なるサイトに需要の無い商品を紹介するのは、成約に繋がらないので避けた方が良いと思いますが、関連性がある商品であれば、独自の切り口を用意して紹介することで検索ユーザーも興味を持ってくれます。

ショートレンジ戦略を実践することで自分の好きなジャンルや特異性を見つけることができるので、結果的に大きな収穫となる

LUREA plus(ルレアプラス)ショートレンジ戦略は、商品選定を行ったら買う気満々の購買キーワードで検索してくるユーザーを狙い撃ちしていきます。その為、非常に簡単にアフィリエイト報酬が発生する、といった特徴があります。

これは後々間違った方向に進まない為にも、必要なテストマーケティングにもなりますし、様々なジャンルの商品を横断して取り扱うことで、サイトを作成する際に思ったより作り易い、または作りにくい、といった感触を掴むことができます。

またこのジャンルは興味がある、または湧いた、など、実際に実践することで感じることができる部分が多くあるので、このセクションを通過することによって、自分の好きなジャンルや特異性を見つけることができるので、結果的に大きな収穫とななります。

LUREA plus(ルレアプラス)付属の 3M WordPress(ワードプレス)テンプレート「リファインSNOW2」は、実はアダルトジャンルOK

一般的に配布されているWordPress(ワードプレス)テンプレートはアダルトジャンルはNGなものが多いですが、LUREA plus(ルレアプラス)付属の 3M WordPress(ワードプレス)テンプレート「リファインSNOW2」は可能です。

アダルトジャンルのキャッシュポイントは継続的に報酬が発生し続ける案件が多く、人間の三大欲求に含まれているジャンルの為、需要と供給がなくなることは非常に考えにくいです。

LUREA plus(ルレアプラス)製作者の未来派野郎さんはアダルトジャンル実践者のお一人ですが、アダルト案件は一度会員になると、退会しない限り延々と報酬が発生するので、強力なキャッシュポイントになると動画内で語られていました。

クロスオーバー戦略は、検索エンジン(SEO)SNSと集客経路自体も組み合わせていく

検索エンジン以外でもTwitterやフェイスブック、YouTubeなどのSNSなどからも集客経路として利用できる

LUREA plus(ルレアプラス)クロスオーバー戦略では、検索エンジン(SEO)からのアクセス確保以外に、witterやフェイスブック、YouTubeなど、使えるSNSは積極的に利用していきましょう、と語られています。

音声の中でも、LUREA plus(ルレアプラス)製作者のマメボーwさん曰く、“YouTubeは文字よりも訴求力が高いので、扱える人は有利”と言われています。また“変に綺麗な動画を取るよりも、素人臭い方が良い”とも言われています。

YouTube動画は記事内で文章化して内容を訴求することに比べ、映像と音声を使って視覚的&聴覚的に深く内容を語れるので、様々な場面においての成約率、誘導率、訴求力などに一役買ってくれる存在です。

ブログアフィリエイトにメルマガアフィリエイトを組み合わせることで、ブログに訪問された方がその瞬間にアクションを起こさなくても、時間差で訴求が可能

メルマガ読者の代表的な集め方として、需要(ニーズ)を満たす無料レポートやコンテンツを用意して、ファン化を図り読者を集める、といった手法が一般的です。インターネット上でメルマガ登録者を募るLPはよく見かけるのでは無いでしょうか。

また、ステップメールを覚えることで、どのタイミングで登録されたメルマガ読者の方に対しても、自分が伝えたいコンテンツを目次の順番通り流すことができるので成約率が高まると言われています。

次々と流すステップメール内に役立つ内容と、悩みを解決する為の商品(アフィリエイトリンク)を設置することで、どの記事ページからアクセスが流入してきても、メルマガのページに誘導することで、均一したセールスを仕掛けることができます。

送信したステップメールにMP3音声やYouTube動画を使って訴求することで、成約率をアップさせる、といった施策を図ることができます。このクロスオーバー戦略の考え方(本質)を覚えておくことで発展性が高まります。

>>>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

LUREA plus(ルレアプラス)の各戦略は、アフィリエイトをビジネスとして捉え実践する上で非常に重要

LUREA plus(ルレアプラス)の各戦略は、アフィリエイトをビジネスとして捉え実践する上で非常に重要
LUREA plus(ルレアプラス)の各戦略は、アフィリエイトをビジネスとして捉え実践する上で非常に重要

LUREA plus(ルレアプラス)に限ったことではないですが、アフィリエイトをビジネスとして捉え、これから成功しようと思った場合、「本質」と「テクニック」の両方を体得する必要があります。

特に今回のLUREA plus(ルレアプラス)では、「本質」を中心に学ぶことができます。

アフィリエイトというビジネス形態を一から理解しながら、かつ、実践レベルが限りなく低い状態のもの(ショートレンジ戦略)から取り組むことができるので、無理なく実践することができます。

仮にあなたが既に毎月数万のアフィリエイト報酬を得られているのであれば、ミドルレンジ戦略、またはミドルレンジ関連キーワード戦略から始めることをお勧めするなど、あなたの状態(レベル)に沿った形で実践が可能です。

筆者からも、LUREA plus(ルレアプラス)には「特典」を付けていますので、良かったら参考にしてください。

>>>>>LUREA plus(ルレアプラス)購入する(購入特典付き)

>このブログは 結果へ導く次世代WordPressテーマ「ザ・トール」 を使用中です。

このブログは 結果へ導く次世代WordPressテーマ「ザ・トール」 を使用中です。

SEOに最適化し、超高速表示を実現した 国内トップクラスのブロガー/アフィリエイター向けWPテーマ。このブログと同じデザインにしたい場合は、下記リンク先で詳細を確認出来ます。

CTR IMG